創造的な実験室

所在地 東京都文京区春日2丁目
交通 東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅 徒歩9分
賃料 149,600円
管理費 -
敷金 -
礼金 1ヶ月
保証金 4ヶ月
専有面積 27.82㎡
間取り ワンルーム

文京区春日。春日通りに面したビルの1階。駐車場だったスペースを、4年前に店舗・事務所利用の出来るスペースにコンバージョン。前テナントの退去に伴い、借主を募集します。ミニマルなスペースながらも、路地に向いた大きな開口部と、来訪者との会話を生み出すカウンタースペースの仕掛けが面白く。さらに、場所づくりだったり、空間に理解ある方がオーナーということで。オーナーと共に、試行を重ねられそうなスペースです。柔軟性を備えたコンパクトなワークスペースとするか、あるいはミニマルな展示空間か、はたまたその両方なのか。とにもかくにも、試行を重ねる実験室のような場所、ご覧下さい。

春日通りを挟んだ、反対側から眺める建物。高い建物に挟まれた、ちょこんとしたビル。ビル正面から見て左手には路地が。

借主を募集するスペースは、元は製版所の従業員の方々が住んでいたビルの1階。元々は駐車場スペースだった場所ですが、2018年にリノベーションにより店舗事務所として生まれ変わりました。大通りから路地に入ると、大きなグリーンの扉。前面の3枚と、右手奥に1枚。前面3枚は引き戸ではなく、一枚一枚取り外しをする形。右手奥の1枚は引き戸になっていて、建物への入り口になります。そして、大通り側にも、グリーンのドアが。こちらからも出入りが可能です。こちらの物件、軽飲食に限りますが、飲食業の方の入居も相談可能です。飲食業の入居は相談可、ということもあり、大通り側と路地側の壁面の一部の木毛セメント板で造られた壁に小窓を取り付け、テイクアウト業態に使い易い改修を施す相談には応じて頂けるそうです。

約9坪の空間は、大きく分けて、展示やワークスペースとして利用できそうなエリアと、大通りに面するカウンタースペースの2エリア。カウンタースペースは、キッチンとカウンター共に、セメントで一段上げています。

メインフロアには木製の仕切りが設置されています。仕切りの内部は半個室のような形に。引き戸も設置されています。それにしても、このスクエアの縁取り。視線の先の壁面に、映像のインスターレーションでも投影して見たくなりますね。どうなんでしょう。フレームとしてうまく機能させてみたいところです。

仕切りの内部は複数の電源が設置され、仕切りの壁面にはデスクワークとしても使えそうな木製のカウンターが。そして、上部にはスポットライトたち。どうなんでしょう。このカウンターに2人ほど腰掛けて。スクエアの縁取りは、さながらテレビの画面のようですから。トークショーや、配信の録画などが出来てしまいそうです。例の緑のドアの内側には古材のデッキが設置されていますので、ちょっとした余白のスペースとしても使えそう。ここに来場者用の椅子を並べて、トークショーを聞いてもらう形もアリでしょうし、イベントの際には、デッキにテーブル出してスタンディングでネットワーキングも出来そうな。

大通り沿いのこの入り口。パッと見、隠れ家バルのような印象ですが。カウンターの席数は3-4席ほどかもしれません。なお、キッチン廻りですが、冷水とお湯は出ます。ただ、ガスコンロの設備はありません。建物自体にはガス管は通っていますので、ガスの利用を希望される場合には、2次側工事は必要になりそうです。事前にオーナーと工事の相談が必要になります。なお、前テナントはガス設備は未設置の状態で、飲食の提供も行っていたそうです。

こちらはリノベーション当時の写真。キッチンにはシンクと手洗いの洗面。シンク背面の壁面上部には戸棚が設置されていました。リノベーション当時と比べて増えた造作もありますので、現地でご確認下さい。

こちらはビル上階に水を汲み上げるポンプ。撤去はできません。ポンプ手前の柵前面に、棚などを置いて隠すのも一手。あるいは、見ようによっては味ありますので、そのまま現しても良いのではと。

基本は現状有姿での引き渡しとなります。ただ、写真の扉の塗装がはげている箇所などは、利用開始前にオーナーが塗装し直すかもしれないそうです。あらやだ、素敵オーナーさん。Why? などと思えば。どうも聞くところによると、各地の芸術祭のプロジェクトマネジメントに携わる方のようで。Oh. 納得。ということで、ギャラリーや建築関係の事務所など、広義にカルチュラルな営みを行う方や事業との親和性が高い場所だと思います。なお、入居前のオーナーによる改修はあくまで可能性の話ですので、確定している事柄は御座いません。一度現地で相談されると良いと思います。

それにしても、こちらのスペース。この眺めがとても面白いと思うのです。この扉を全て取り外して。ポッカリと空いたスクエアのフレーム、その先に見える作品か、あるいはクリエイティブな仕事の様子というのは、なんとも興味深い絵姿だと思うのですが。もちろん、この路地は専有道路ではありませんので、無茶はいけません。でも、このウッドデッキまで人が張り出して語らう姿というのもまた、興味深いじゃないですか。借りるにあたっての改修や、場所の使い方については、とても理解のあるオーナーですから、いろいろ相談をして見ましょう。例えば、事務所使いをしつつ、イベントをやりたい、ですとか。あるいは、メインはギャラリーなんだけれども、カウンターバーも運営したい、などなど。実験的な企みを相談してみて下さい。

なお、こちらのスペースでは、2月いっぱい、オーナーのパートナーによる展示が行われています。そのため、引き渡しは早くて3月以降を予定しています。ところで、展示のタイトルは、"おいしい食べ物のことばかり考えていたいね"。ドローイングをプリントした作品が並びます。塗り重ねにより、判然としない食べ物たち。不安定な繰り返しの造形のパターンと共に、平面化されたそれ。本来、手の届く距離にあるはずの、何気なくも大切な日常が、奥行きのないはずの平面のその奥へと、見る者の手元からするすると遠ざかっていく様子。それは、私たちがそっと心にしまい込んだわだかまりを揺り起こすのに、十分作用するのかもしれません。

 

ご興味をお持ちの方、お問い合わせフォームからご連絡下さい。

所在地 東京都文京区春日2丁目
交通 東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅 徒歩9分
賃料 149,600円
管理費 -
敷金 -
礼金 1ヶ月
保証金 4ヶ月
専有面積 27.82㎡
間取り ワンルーム
建物構造 RC 5階建
所在階 1階部分
築年 1987年6月
設備 インターネット対応、シャッター雨戸
備考 更新料:新賃料の1ヶ月分、保証会社:加入要(賃料等の100%~)、東向き、飲食店可(軽飲食)、土曜日・日曜日・祝日利用可
取引態様 媒介
情報修正日時 2022年2月13日
情報更新予定日  

メモ: * は入力必須項目です