丘の上の意外な解放感

所在地 東京都板橋区徳丸1丁目
交通

東武東上線 東武練馬駅 徒歩6分

賃料 89,000円
管理費 4,000円
敷金 1ヶ月
礼金 -
保証金 -
専有面積 48.8㎡
間取り ワンルーム+ロフト

丘の上に建つ西洋風の低層住宅。メゾネット感覚のお部屋、よくよく見てみると、開放的ではないけれど、解放的ではあって。板橋区徳丸、丘の上の意外な解放感。

物件の所在地は板橋区徳丸。東武東上線の東武練馬駅が最寄り駅。板橋区は起伏ある地形が特徴的ですが、この東武練馬の徳丸エリアも例外ではありません。東武練馬駅の北側、商店街を抜ける先の下り坂を降りれば、なるほど、すり鉢状の谷底、周りは丘になっていて、丘の上に建つ家並み。借主を募集している物件へは、2つのルートがありますが、そのどちらも、写真のような階段をのぼっていきます。そして見えてくる、落ち着いた色味の低層の住宅。低層住宅って、どうしてこんなにも心落ち着くのでしょうか。

オートロックのエントランスを入ると広がる西洋風のパティオ。中庭の中央には大きな木。緑生い茂る季節は、それはそれは素敵な光景なのだと思います。

募集のお部屋は最上階の3階の一室。玄関を開けると正面にシューズボックス。このボックスの上部にはガラスが。ガラスのおかげで室内を見通せて、圧迫感のない造りになっているのが嬉しいところです。7.8帖の洋室はコンパクトなサイズ感。洗面と浴室がこのフロアにありますので、キッチンの横の空間には冷蔵庫だけでなく、ある程度の生活のあれこれを収めておきたいところです。

こちらは、バルコニーからの眺め。低層のマンションの3階ということで、眺望はあれかな、と思いましたが、意外に抜ける印象。やはり丘の上ということもあり、眺めは上々です。

こちらが水廻り。トイレの壁面上部には収納棚があります。全体的にはナチュラルなテイストのお部屋なのですが、なぜか1点この棚だけが赤。情熱、ほとばしっちゃったんでしょうか。ところで、洗面の右手上部に、なにやら気になる白い物体。どうやら、洗濯用乾燥器のようです。あらやだ、嬉しいおナイス設備。梅雨の時期も、これなら毎日フワッフワッ。

玄関ドアの脇の壁面には換気用の窓が設置されています。引き違いの窓になっています。窓の先は屋内の廊下です。窓の上部にはロールスクリーンが設置されていますので、目線を遮りながら換気が行えるというわけですね。

上階へと繋げる室内廊下。いわゆるロフトタイプによくある可動式のハシゴではない、しっかりとした造りになっています。戸建感覚ありますね。この階段をのぼってみようと思います。なにやら視線の先に見える光の筋。なんでしょう。

11.3帖のロフト空間ですか。まず目を惹くのが特徴的な出窓。通常のロフトでは得られない、光の取り込み具合。出窓の腰高には1枚の板が設置されていますので、ちょっとした窓際の机として使うことも出来るかもしれません。ロフトの天井は南側(出窓側)から北側へ傾斜していますが、最も高い部分では約2.0mほどの高さがありました。立ってみても、ちょっとホップしてみても頭が天井に当たらないというのは良いですね。ただ、ホップしてみると、トントン、と床を鳴らす音が。やはりマンションですから、下の階への音漏れが気になるところです。でもですよ、よく考えれば、下の階って、先ほどの洋室ですよね。あらやだ、しかもここは最上階。上も下も気にならないなら、小躍りくらいしてしまいましょうか(節度のある暮らしをお願い致します)。ベッドは十分置けそうなサイズ感、傾斜して天井の低いスペースには、モノを置くのか、スピーカー置くなどして。床置きの間接照明とか、合いそうですね。夜になったら、出窓のそばに置いたスツールに腰掛けてお酒でも嗜めば。開放的ではないけれど、私だけの秘密の屋根裏のようで。これはきっと、心の解放間違いなし。大変に素敵な空間でした。

 

ご興味をお持ちの方、お問い合わせフォームからご連絡下さい。

(間取り図は反転タイプのものです)

所在地 東京都板橋区徳丸1丁目
交通 東武東上線 東武練馬駅 徒歩6分
賃料 89,000円
管理費 4,000円
敷金 1ヶ月
礼金 -
保証金 -
専有面積 48.8㎡
間取り ワンルーム+ロフト
建物構造 鉄筋コンクリート造3階建
所在階

3階

築年 2002年8月
設備 洗濯用乾燥機、宅配ボックス、モニター付きインターホン、追焚機能、ウォシュレット、エアコン、JCOM対応、駐輪場、駐車場、管理人常駐、24時間ゴミ出し可
備考

更新料:新賃料の1ヶ月分、住宅総合保険:加入要

取引態様 媒介
情報修正日時 2021年12月26日
情報更新予定日  

メモ: * は入力必須項目です