問いを立てる場所

所在地 東京都港区西麻布2丁目
交通

都営大江戸線 六本木駅 徒歩7分

賃料 237,600円
光熱費 16,500円
敷金 税抜賃料(216,000円)の2ヶ月分
礼金 -
償却費 解約時賃料の1ヶ月分
専有面積 40.37㎡(共用部含む、専有部のみ20.41㎡)
間取り -

事業を営む方にとり、大なり小なり何かを世に問いかけたい気持ちがあろうかと思うのですが。ベンチャー集積するエリアで旗揚げする形もあるかもしれません。あるいは、ローカルで城を作る思いで出航する方もいるかもしれません。例えばどうでしょう、港区は西麻布。それも、西麻布の交差点ど真ん中。夜半に、六本木やら渋谷やら。東京のそこここから、抱えきれない情動を終わらせに、人々が辿り着くデスティネーション、西麻布交差点。今のこの世に、良質な問いを立て続ける場所として、西麻布交差点って結構アリな気がしますが。どうなんでしょう。

借主を募集している物件は西麻布の交差点に面した古ビル。過去にリニューアルした経緯はありますが、そこここに年代物のビルらしい、渋い雰囲気が漂っています。ビルの階段の感じ。そして階段手すりに設置された色味のたまらない木材。造形が、造形がたまらないわけで。共用の廊下、エレベーターホール脇に設置されたガラスブロックは素敵。渋ビル感全開、お腹いっぱい。こちらの渋ビル、4階にはアートギャラリーが入っているのですが、募集のスペースは7階のフロア。7階は"テイショク西麻布"と名付けられたスペース。複数のスペースに区切られた事業用賃貸スペースです。個性ある一品一品が合わさって、お腹を満たしてくれる定食のような。そんな場所になってもらいたいと名付けられたそうです。ドアに描かれた定食。あらやだ、ちょっとポップ。

エントランスはオートロックになっています。ドアを開けると、スーッとした廊下。床のコンクリート、頬をスリスリっとしたくなる方、いるんじゃないでしょうか。私だけですか?木製のボックスは入居者用のロッカー。廊下には自転車を置けるスペースもあります。今ですと、LUUPですか。やっぱり。

既に入居しているテナントは人材関連の事業会社やインターネット・動画配信関連の事業者。そして今回募集のお部屋のお隣には、近場の飲食店の事務所が入居予定。募集のお部屋はシンプルなワンスペース。床材のタイルに壁面のホワイト、天井を見上げると無骨な仕上げ。シルバーのシーリングバーにライト。これはカッコいいやつですね。室内にはテーブルと椅子がセットされていますが、使っても、あるいは使わず管理会社に戻してもらってもOK。実は管理会社は同じ7階に入居していて、この壁面の塗りも、一部は会社の方が塗り塗りしたやつです。塗り塗り。実はこのテーブルのいくつかも、数年前に管理会社の方のお手製。できる管理会社、いえ、M野さん。素敵よ。

内装をガシガシDIY OK、というわけにはいかないのですが、"まあ、棚とかだったら、いいんじゃないですかね~"みたいな話でした。いろいろ相談してみると良いかもしれません(節度をもった相談をぜひお願いいたします)。なお、インターネットは引き込み済みです。WIFIルーターも設置されていますが、調子がよくないようで、WIFIルーターだけ持ち込みください、というお話です。

募集のお部屋を出て、廊下をさらに奥に進んでいくと。ありました、シェアオフィス的なやつです。共用の冷蔵庫とキッチンスペース。棚には各テナントさんが、思い思いにモノを置いています。カトラリーだったり、お茶類は足下の棚を開けるとズラリ。写真にはありませんが、日本酒サーバーなるモノも置いてありました。(利用には料金がかかります) もちろん、お仕事で必要な共用設備も。コピー機にシュレッダーですね。大事。

トイレ、かわいいですね?女性専用トイレも設置されています。このDean & Deluca感、どうしましょう。トキメク。

出たな、共用ラウンジ、という感じです。グワッ、とくる窓の景色。このラウンジだけで、3杯いけますね。共用のスペースですが、ロールスクリーンをおろせば半個室、ではなくて、プライベートなミーティングスペースに。小ネタですが、地味にラウンジ入り口の共用棚が心をくすぐります。ここに入居者のチラシが置いてあったのですが。ちょいちょいデザイン風味溢れるポスターとか、フライヤーが置いてありましたね。見てて楽しい、置いて楽しい供用棚。それでですね、4階にはアートギャラリーが構えていると申しました。で、7階の募集のお部屋の内装の感じと、この共用ラウンジ。これは、用途として、アートギャラリーとか、良いんじゃないでしょうか?などと管理会社の方に、いえ、M野さんに言ってみたんです。"あー、そういう方も見に来られますよ"。そうですか。そうですよね。このラウンジで、アーティストトークとかしてしまえば、良いということですよね?白タイルのテーブルで対談している姿を、10人程度なら拝聴出来そうなスペース感です。 "次は撮影スペースに案内しますね"。私の興奮どこ吹く風。M野さん、淡々と私を案内します。もう、好きにして。

"会議室です。撮影用機材も貸し出しています。youtubeの配信にも使ってもらってるんですよ"、とは管理会社の方、いえ、M野さん。おお、なにやら慎重に扱わないといけなそうな機材ズ。お手洗いも専用でついているんですね。この場所、ここだけでも使ってしまいたくなります。(会議室は有料です)

"屋上も案内しちゃいますねー"。屋上?ちょっと待って、まだ心の準備が。ドアを開けると、ドーン。何ですか?この都心ど真ん中のプライベートな屋上。OKUJO。ヒルズが、ヒルズが。ここでイベントとか出来そうですねー、などと聞いてみたらですね。"アーティストさんが展示とかもされたんですよ"ですって。ほら、やっぱりあれですよね?アートギャラ(繰り返し)。 このビルのオーナーさんが結構Funkyな方のようで、夏場には流しそうめんとか、やったりするみたいです。入居者もきっと一緒にワイワイ。そうそう、この中央のバーカウンター。これも管理会社の方、いえ、M野さんがチョチョっと造ったそうで。進化するスペース。

これまで色々と手が加えられた内装の様子を見てきましたが。屋上のへりに垣間見える古ビルの実相。古ビル万歳。

それでですね、ようやくここまで辿り着きました。この物件の最大の魅力。西麻布の交差点です。夜になると六本木から流れ着く人影。欲望にまみれる、とも違う。虚栄が漂う、そんな言い方も適切ではない気がする。歌舞伎町の喧騒とも何か違う。蓋し、社会のある実相が確かにそこには存在していて。そして明け方しらみ始めると、やがて散り散りになる様相、そしてまた繰り返される営み。この今生に対して、何かを問いかけんとする方にとり、こんなに内面からのエネルギーが沸き起こる場所って、そういえば他にどこがあるんだったっけ?という感じです。眼下の漂流するリビドーがモチベーション。都内探しても、なかなか見つからない場所性。

 

ご興味をお持ちの方、お問い合わせフォームからご連絡下さい。

 

(間取り図面 Cが今回募集のスペースです。Bは募集終了しています)

所在地 東京都港区西麻布2丁目
交通 都営大江戸線 六本木駅 徒歩7分
賃料 237,600円
光熱費 16,500円
敷金 税抜賃料(216,000円)の2ヶ月分
礼金 -
償却費 解約時賃料の1ヶ月分
専有面積 40.37㎡(共用部含む、専有部のみ20.41㎡)
間取り 1DK
建物構造 RC造10階建
所在階

7階

築年 1967年
設備 共用設備(複合機/シュレッダー/ウォーターサーバ/共用キッチン)、共用ラウンジ、屋上、撮影スペース(500円/1時間)
備考 更新料:なし、保証会社:利用必須、火災保険:加入要
取引態様 媒介
情報修正日時 2021年11月29日
情報更新予定日  

メモ: * は入力必須項目です